お葬式のタイプ

お葬式に行く

家族葬や一般葬、一日葬や火葬式など、葬儀には予算に応じて様々な種類があります。平均的には家族葬は50万円、一般葬は100万円、一日葬は30万円、火葬式は20万円くらいかかります。 これは基本的な費用で、葬儀をするとこの基本料金の他にも斎場使用料、火葬場使用料、接待代、お布施代などがかかります。斎場使用料は斎場の大きさによって違いますが、だいたい10万円〜20万円、火葬場使用料は5万円〜10万円が相場です。接待代はお通夜に参列した人達を接待するのにかかる総費用のことで、人数に応じて10万円〜40万円前後かかります。お布施代は通夜と葬儀に来てくれた僧侶に対して支払うもので、10万円〜40万円が相場と言われています。

「家族葬」とは遺族や親しい友人たちだけで通夜、葬儀、告別式をすることを言います。一般葬のように大きな会場を貸し切って行う必要がなく、煩わしい手間も省けるお葬式です。「一日葬」は通夜、葬儀、告別式を一日で行ってしまうコンパクトなお葬式です。一日だけで済ませられるので、会場のレンタル料をカットできます。 「火葬式」は火葬場で遺体を荼毘にふすだけなので、会場のレンタル料や仏式葬儀に必要な祭壇などもいらず、最小限の出費に抑える事ができます。棺や骨壺などの最低限必要なものは葬儀社の火葬式プランに含まれています。最近は火葬式を行う人が増えているそうです。お葬式にむだなお金をかけたくない人に最適なお葬式です。